葉酸の多い食品って?

葉酸の多い食品って?

妊娠したら胎児の正常な発育のために積極的に摂りたいのが、葉酸の多い食品です。

葉酸の多い食品の正しい摂り方

読了までの目安時間:約 2分

妊娠中には多めの摂取が必要となる葉酸ですが、葉酸の摂り方について注意することもあります。鶏レバー、牛レバー、豚レバーなどの各種レバーは葉酸の多い食品のひとつで、50gあたり0.46mg。少量で1日の摂取量を軽々とクリアできるのでとても便利な食材です。

しかし、レバーにはビタミンAが豊富に含まれているため、食べ過ぎるとビタミンAの過剰摂取になってしまいます。葉酸自体はたくさん摂りすぎても副作用の心配はありませんが、ビタミンAの過剰摂取は脱毛、唇のひびわれ、皮膚の乾燥、骨の弱化、頭痛などの副作用を引き起こす危険がありますので、毎日のようにレバーを摂取することは避けましょう。

d364130781bf0a92860bf2a228a2c880_s

また、葉酸は熱に弱く、水に溶けやすい性質があります。葉酸の多い食品も加熱すると葉酸量が減ってしまいますので、生で食べられるものはなるべく加熱せずに食べるほうが効率的です。

茹でると茹で汁に栄養素が溶け出してしまうので、加熱する場合はスープや煮込み調理して、スープまですべて取り入れるようにしたいもの。水を使わない電子レンジ加熱もおすすめです。

サプリメントから摂る場合の注意点

葉酸の多い食品をいろいろ取り入れながら毎日の食事に気をつかいたいものですが、どうしても食品だけでは葉酸の摂取がまかないきれない場合は、サプリメントを利用する方法もあります。

サプリメントの場合は1日の摂取量をきちんと把握できますので上手に利用すれば効果的に摂取できます。サプリメントもさまざまな種類がありますが、できるだけ、化学農薬などを使用せずに栽培された野菜や果物を原料として作られたものを選ぶようにしましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

葉酸の多い食品
カテゴリ
最新記事